最近話題のアルバイト医師!その具体的な仕事内容とは?

近年急激に増加しているアルバイト医師

最近はアルバイト医師が増加してきていますよね。比較的自由に活動できる点が、プライベートを充実させたい人たちに歓迎されています。アルバイトでも十分すぎるほどの収入が得られるので、金銭面で困窮をしてしまうこともありません。では、こうしたアルバイト医師は主にどんな仕事を担当しているのでしょうか。

健康診断を請け負う事が多い

アルバイト医師は、単発の健康診断を請け負って生計を立てているケースが多いですね。会社や学校では、健康診断を行うこともあります。一人一人病院に行かせるよりも、医師を呼んだほうが早いということです。日本に無数にある学校や会社から仕事の依頼が出されているので、そうしたものを拾っていくだけでも生活をしていくことができます。健康診断ぐらいなら特に難しいことはありませんし、スキルも必要がありません。ゆっくりと危険なこともなくマイペースで働いて行けるので、精神的にも楽ができることでしょう。無理をしたくない医師には最高の仕事かもしれません。

夜勤のヘルプに入ることも多い

夜勤を担当する医師はかなり数が少なくなってきています。ときには人手が足りなくなってしまうことも多いわけですね。そんなときにはアルバイト医師がヘルプに入ることがあります。夜勤は一回あたり数万円の報酬がもらえるもので、大変割は良くなっています。体力的にはハードかもしれませんが、手術等をするわけではないのでプレッシャーは少なくて済みます。暇なときはとことん暇になりますから、これも悪くはない仕事の一つでしょう。

医師のバイトの仕事内容は、それぞれの医療機関のスタッフの経歴や患者の対応によって、大きな違いが出ることがあります。