独立したい!?定年を間近に自分がやりたいことをやる!

中高年が独立を考えるとき

会社に勤めていると自分で何かをやってみたいと独立を考える場合があります。特に中高年にさしかかった時には給与の昇給もなかったり、会社によっては子会社への出向や転籍を命じられ窓際で働くこともあります。残りを会社で働くよりもフランチャイズとして自分の店を持つことで定年なく働き続けることもでき、将来年金がどれだけもらえるかという心配ごとも払しょくさせることができます。そのため退職金を開業資金に利用してコンビニだったり塾経営に乗り出す中高年もいます。

フランチャイズで独立するメリット

フランチャイズで独立するメリットは本部が開業においては支援をしてくれる点です。自分自身が未経験であっても研修をおこなってくれたり、その企業が持っているノウハウを伝授してくれます。また既に店名は世間に知れ渡っていることが多く、一から広告活動をおこなわなくても周囲の住民からは理解を得ることができます。例えば学習塾をフランチャイズで経営する場合には、教室の場所の選定や机などの備品の手配、また生徒の募集活動のための広告作成等も本部が中心になっておこなってくれます。教師の募集や採用、また採用した教師の教育についても、指導する上でその塾が持っているノウハウをはじめとして最初のうちは本部から応援が来ておこなってくれます。開業資金とやる気があれば経営が軌道に乗るまでは本部が導いてくれるので、それ以降は自分が経営者として考えていく必要があり、独立した面白さを感じることができるようになります。

主に税理士や弁護士などの国家的資格を持つ者が、大手の事務所等の組織に属さずに、その専門的知識とスキルで持って独立して事務所を開業し、業務提供をしている事があります。