産業医ってどんな仕事をしている人達なの?産業医になる方法とは?

産業医と普通の医師の違い

産業医を一口で説明すると、企業で働く人達の健康を見守る医師です。労働安全衛生法に基づき、社員数が50人以上の企業には1人、3000人以上の企業には2人の産業医を選出し、所轄の労働基準監督署に報告書を提出しなければなりません。病院の医師は主に病気の診断や治療を行いますが、産業医は労働者の健康管理が重要な仕事内容になります。仕事上、極端に暑い、逆に寒い場所で働かなければならない、もしくは有害物質を取り扱う可能性がある場所では、500人以上の社員がいる場合は産業医として専属であることが求められます。

産業医になるために必要な資格

産業医になるためには、まず医師であることが必須条件です。それに加え、働く人達の健康管理を行うために必要な知識を学ぶ必要があります。大学で産業医養成のための実習を終えていること、または日本医師会による基礎研修や、産業医科大学の産業医学基本講座で必要な単位を取得しなければなりません。大学で労働衛生を専門に教えている教授や講師の経験があれば、産業医として働けます。労働衛生コンサルタントの保健衛生区分の試験に合格した人も産業医として働く資格が与えられます。

産業医の仕事の内容はどんなものがあるか

産業医の仕事として、まず年に1度は必ず行われる健康診断があげられます。また、1ヶ月の残業時間が100時間を超え、心身の疲労が認められる社員に対しての面接や、精神的な疲労を把握するためのストレスチェックも重要な仕事です。心身の疲労のために仕事に影響が出ている場合は、その人の健康を守るために必要なアドバイスをします。相談に訪れる社員のプライバシーを守って信頼される産業医となり、心身の不調を早期発見する仕事は、企業全体の健康にもつながるでしょう。

産業医の募集は、全国の民間企業や官公庁などで行われるケースが増えており、経験豊富な医師が重宝される傾向があります。