エンジニア不足って本当?プラント業界について知りたい!

プラントエンジニアって何?

プラントとは英語でまた工場あるいは製造設備を指す言葉です。そしてプラントエンジニアとは、プラントの生産設備の設計や管理を専門的にあしている技術者のことを言います。

プラントエンジニアリングのプロジェクトでは、機械・電気または土木・化学といったそれぞれの領域の専門分野に別れていまう。それぞれの技術者が集まって、プロジェクトを進行していくのです。プラントはその製造物によってさまざまな種類に分かれていますので、当然そのそれぞれの設備も異なっています。

プラント業界って何?

プラント業界というのは、こういったプラントの製造工場に関わっている業界のことを言います。実はプラントエンジニアは不足しています。そのことは業界における課題でもあるのです。

バブル崩壊後に大規模なプロジェクトを行う企業がほとんどなくなってしまったことから、プラント業界は新卒採用を抑制していました。そのことで現場は、ベテランエンジニアとその後に採用された20代若手という極端な二極化体制になっています。つまり真ん中の30代後半から40代にかけての層が薄くなっているのです。このようなエンジニア事情から、業界では特に40代の経験豊富な人材が強く求められています。日本のこれからの人口減少に伴って、プラント業界の人材不足はますます深刻な問題としてのしかかってくるでしょう。

しかし世界に新しい技術が生まれることによってプラント建設のニーズが現れてきますので、プラント業界ではそのたびにエンジニアの需要が高まるのです。

プラントの求人の条件に注目をすることで、それぞれの実務経験を活かすことのできる職場で活躍が出来ることがあります。