清潔感が一番!就職活動における身だしなみチェック3項目!

ヘアカラーは暗めの色を選ぶ

就職活動をする際、最も大切なものの一つとして、身だしなみが挙げられます。大学生のうちは好きな恰好をしても良いということもあり、個性的な外見の人も数多くいます。しかし、社会人となるためには、相手に失礼のないような身だしなみをする必要があるのです。

まずはヘアスタイルについてです。カラーは暗めの色を選び、毛先まで気を使うようにしましょう。毛先がパサパサの状態では不潔な印象を与えてしまいます。髪が長い場合には一つに縛り、顔が良く見えるようにしましょう。

意外と足元も見られている

また、足元というのは見られない場所のように思ってしまいがちですが、実は高確率でチェックされているのです。かかとが履きつぶしたようになっていたり、靴が傷だらけであったり、面接に相応しくないカジュアルな靴であったりすると、マイナスの印象を持たれてしまいます。

社員として恥ずかしくないような服装や行動が出来るような人材を欲していますので、靴が汚いと採用される確率が下がってしまうのです。充分に気をつけるようにしましょう。

スーツは地味目なものを選ぶ

最後に、就職活動におけるスーツに関してです。スーツのカラーは特に決められているわけではありませんが、ブラックやグレーやネイビーを選ぶと良いでしょう。職種によっては、ホワイトやベージュで面接を受けても良い場合もありますが、限られたものだと思っておいた方が良いでしょう。

動きやすく、身体にピタリとフィットしたものの方が美しく見えます。スカートの長さやズボンのサイズに気を付けましょう。

新卒紹介の場合、一定期間働いてから正社員としての雇用を選択できるため、職場の雰囲気や仕事内容などが自分に合っているかをチェックできます。