欲しい人物に効率良く応募してもらうために

欲しい人物像を素直に記載できない

企業が求人広告を出す場合には、欲しい人物像が決まっています。特に中途採用をする場合には、配属させる部署やポジションは決まっているので、求人の対象者の範囲も限られています。しかしながら求人を広告する際には、特段の理由がなければ募集する人物の性別や年齢等を表示することは禁止されています。そのためその求人広告を見た人は、企業が求めるターゲットを考えることなく、募集している内容が自分の希望職種であれば当然のごとく応募するのです。

アンマッチで無駄が生じることも

これは求人を出している企業にとっても、また応募する側にとってもアンマッチが起こることもあります。企業が20歳代の女性をターゲットと考えて求人を出しているにも関わらず、30歳代の男性が応募することも考えられます。企業が欲しい性別や年代を明記できないためです。これは応募者が必要書類を提出する前に、求人の対象外であることが明確であるにも関わらず、それを知らずに応募書類を作成して提出するという無駄な作業を応募者にさせていることにもなります。また書類が届いた企業側も、対象外の応募者に対して書類を返送する作業が必要になります。

表現から希望している人物像を想像させる

このようなアンマッチや無駄な作業をさせないために、企業側も求人に表示する文言に工夫をしているところも多いです。性別や年代を明記できないかわりに、それをわからせるような表現で記載しています。何歳代の女性が活躍中といった表現で、企業側が求めている人物像をそれを見た人に想像させるようにしています。

施工管理の求人の応募方法を理解するうえで、各企業の求めている人材像をきめ細かくチェックすることが肝心です。