使命感を持って働く!理想の保育士になるには

子どもを第一に考える

理想的な保育士になるは、子どもを第一に考えられないといけません。考えているつもりでも、つい自分の仕事を優先したり小さな子ども相手にカッとなって怒ってしまうと信頼度が下がってしまいます。相手は子どもではありますが、その子ども達の親から支払われるお金でご飯を食べている訳なのでそのことを忘れてはいけません。

保育現場において注意しなければいけないことは子どもの怪我や事故で、例え命に別状がなくても大きな問題としてニュースの題材になる可能性があります。もしそうなれば、その保育園の評価が下がり来年からの入園希望者が減るかもしれません。子どもが少なくなれば保育士数も減らす必要があるので解雇の危機になります。このように、子どもを第一に考えられないと結局自分に跳ね返ってくるので注意します。

親身になって接すると、子どもも分かってくれる

子ども達にとって、一番信頼される保育士になれるように行動したいですが、やはり親身になって接することが大切です。子どもだからと言って気を抜いた対応をしていると、子ども側も向き合ってくれないと感じて悲しい気持ちになります。子どもは想像以上に敏感であることを忘れてはいけませんし、嫌な印象を与えてしまうと言うことを聞かなくなったり怖がられてしまいます。

きちんとした人格形成をするという意気込みで接して、笑顔で対応すると子どもは理解してくれます。子ども達に信頼されて好かれながら過ごす毎日は、まさに保育士冥利に尽きるとも言えます。

東京都では保育士不足の解消を目指し様々な施策が執り行われています。そのため、保育士の求人なら東京で探すと良い求人を見つける事ができます。